【追跡レポ】リコー/グローバル人材育成策 途上国へ派遣し鍛える

2014.07.07 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

”お役立ち”プラン提案 異文化理解し人間力磨く

インドの農村部で住民と課題を話し合い解決策を探る

 ㈱リコー(東京都中央区、三浦善司社長、連結従業員数10万8195人)は、グローバル人材育成教育の一環として、現地の社会企業と連携した途上国への短期海外派遣プログラム――「お役立ちプログラム」を開始した。社内公募を経て選ばれた10人がインド農村部に5週間滞在し、滞在地域の農業などの課題を住民とともに考え、解決に向けた提案を行った。社会貢献と将来的なビジネス展開も視野に入れつつ、異文化の環境下で、関係者との議論などを通じてコミュニケーション力と問題解決力を養い、現地に”お役立ち”できる人材を輩出する。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年7月7日第2975号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ