【追跡レポ】JFEエンジニアリング/グローバル人材育成策 若いうちに海外勤務経験

2013.08.05 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

色づく前に実践で学ぶ 毎年帰国しフォロー研修

パイプラインのルートを確認中の長井さん

 JFEエンジニアリング㈱(東京都千代田区、岸本純幸社長、社員数・連結約7400人)では、社員が配属先の色に染まる前の感受性豊かなうちに、2~3年の期間、海外現地法人で鍛える「若手海外赴任制度」を導入している。海外事業展開拡大に伴うグローバル人材育成強化の一環。一旦帰国し、実務知識を補強したり、社内情報を共有する「フォロー研修」も年1回実施。2011年度からスタートし2年間で43人が赴任している。2013年度は、TOEIC700点をクリアした入社5年以内の若手社員30人程度を東南アジアを中心に派遣する。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年8月5日第2931号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ