【賃金事例】JFEエンジニアリング/一般職廃止し総合職へ統合 40歳まで年齢昇給確保 業務限定せず人材活かす

2014.01.20 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 JFEエンジニアリング㈱(東京都千代田区、岸本純幸社長)は、一般事務などの補助的業務を担う執務職の区分を廃止し、総合職へ一本化する制度改定を実施した。総合職の定義や給与体系を見直し、業務範囲に制限を設けず、意欲と能力を持つ人材が活躍できる環境を整備している。40歳までの年齢昇給を確保して従来制度からスムーズに移行するとともに、評価ランクによって昇給に上限を設ける給与体系を採用。昨年4月から約300人の社員が新たに総合職となっている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成26年1月20日第2953号8,9面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ