【追跡レポ】アステラス製薬/次世代リーダー育成策 英語で討議しプレゼン展開

2015.09.21 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

若手候補を選抜研修 グローバルスキルとマインド磨く

研修では英語漬けとなり熱く討議し発表を行う

 アステラス製薬㈱(東京都中央区、畑中好彦社長、従業員数・連結1万7113人)では、将来のビジネスリーダー候補者から選抜された若手マネージャー層を対象にリーダーシップ開発プログラムを展開している。グローバルコミュニケーション能力の向上を図るのが目的。約10カ月の研修で、毎月「スキル」と「マインド」を交互に磨く。ワークショップ形式のディスカッションやプレゼンを英語で行い、会話に慣れる後半には著しい成長がみられる。今年度から、マインド研修の一部を日本語で行うよう見直し、議論がより深まった。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年9月21日第3033号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ