【追跡レポ】NEC/グローバル人材育成策 新人のうちに海外実務経験

2013.10.14 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

国内研修で事前準備 毎年経験・スキルの棚卸も

派遣先のナイロビで現地スタッフとミーティング

 日本電気㈱(NEC=東京都港区、遠藤信博社長、従業員数・単独2万3361人、連結10万2375人)では、グローバル人材の早期育成と発掘に力を入れている。会社の習慣やしがらみにとらわれていない新入社員のうちに選抜メンバーを英語でのプレゼンなどを学ぶ国内研修を経て、2年目に約1年間の「海外業務研修」に派遣している。現地で業務を通して国際コミュニケーション力を身に付ける。同時に、年1回、全社員の「海外業務の担当比率」と語学力などの「グローバルスキル」を棚卸し、多くのグローバル人材輩出につなげる取組みも進めている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年10月14日第2940号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ