【トピックス】これで若手も納得 班長が手帳を作成 安全専任育成制度で自主的に/神戸製鋼所 高砂製作所

2014.05.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 ベテランと若手の年齢構成比率に頭を抱える企業は、少なくない。㈱神戸製鋼所高砂製作所(兵庫・高砂市)でも50・60歳代と20歳代という構成で、30歳代の班長が現場で直接指揮を取る。そんななか、若手の微傷災害が目立ったことから、班長を対象とした「安全専任育成制度」のメンバーが若手教育用ポケットサイズの安全手帳を自主的に作成。安全手帳はイラストを多く使っており、若手に評判だ。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年5月1日第2209号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ