string(26) "/news/news_category/staff/"
string(13) "news_category"

安全スタッフ

2018.04.20【安全スタッフ】
設備の温度状態を視覚化し異常検知 セキュリティショー NEW

 日本経済新聞社は、3月6~9日の期間、第26回セキュリティ・安全管理総合展「SECURITY SHOW 2018」を開催した=写真。「ネットワークカメラ&映像クラウド」「画像・映像テクノロジーEXPO」など分野ごとに、最先端の情報技術を駆使したサービスを発信している。 設備の温度状態を視覚化して監視し、異常の予兆をすばやく検知できる「温……[続きを読む]

2018.04.18【安全スタッフ】
【特集2】疾病の陰に潜む「睡眠負債」 長期間溜めると身体影響が 「見える化」して生活改善を NEW

 「睡眠負債」という言葉が注目を浴びる昨今、睡眠不足は働く人にとって無視できない問題となっている。日中の眠気は仕事の生産性を下げるだけでなく、長期間続くとうつ病などのメンタル不調、肥満による生活習慣病のリスクを高めるという。「睡眠負債」をどう溜めないようにしたら良いのだろうか。睡眠不足が心身に及ぼす影響と合わせ、睡眠改善のコツを(一社)日……[続きを読む]

2018.04.16【安全スタッフ】
パワハラで報告書 判断要素3つ示す 厚労省検討会 NEW

 厚生労働省の「職場のパワーハラスメント防止対策についての検討会」は報告書(案)を公表した。パワーハラスメントの判断要素を、優越的な関係に基づいて行われること、業務の適正な範囲を超えて行われること、身体的もしくは精神的な苦痛を与えることの3つに整理している。「業務の適正な範囲」については、職務内容の危険度や注意対象の労働者の経験値により異……[続きを読む]

2018.04.14【安全スタッフ】
【特集1】強風が引き起こす災害 足場の倒壊で大きな被害に 風にあおられて墜落・転落も/大幢 勝利

 建設業など屋外作業では、気象の変化に影響を受けるため常日ごろから注意が求められる。強風によって足場が崩れたり、風にあおられて高所から墜落する災害が毎年発生している。春には春一番と呼ばれる強風が、また夏から秋にかけては台風による暴風雨への警戒も欠かせない。今号特集1では、労働安全衛生総合研究所の大幢勝利センター長に、強風が原因で発生した災……[続きを読む]

写真2 強風時にシートを取り外さなかったために倒壊寸前の足場(筆者撮影)
2018.04.12【安全スタッフ】
募集時に対策示す義務 20歳未満は立入禁止へ 従業員の受動喫煙防止で

 政府は、健康増進法の一部を改正する法律案を閣議決定した。喫煙できる場所がある施設の従業員の「望まない受動喫煙」を防止するため、従業員の募集を行う者に対して、「どのような受動喫煙防止対策を講じているかについて、募集や求人申込みの際に明示する義務を課す」としている。詳細については今回の法律とは別に、関係省令などにより定めるという。また、多数……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ