安全スタッフ

2021.02.27 【安全スタッフ】
消火設備点検で死亡事故相次ぐ 経産省が注意喚起 NEW

 経済産業省は、二酸化炭素消火設備の点検作業中に、二酸化炭素が放出されて作業員が死亡する事故が相次いだことから注意喚起を行った。消火設備は、高圧ガスである二酸化炭素などを利用しており、不適切な取扱いをした場合、人的被害が発生する恐れがあるとし、設備の設置者やメンテナンス事業関係者に対して再度危険性を認識するよう促している。  今年1月23……[続きを読む]

2021.02.26 【安全スタッフ】
コラボヘルスを追加 健診情報の活用勧める 厚労省・健康増進指針改正へ NEW

 厚生労働省は、「事業場における労働者の健康保持増進のための指針」を4月1日に改正する。事業者と医療保険者とが連携した健康保持増進対策がより推進されるように、基本的考え方にコラボヘルスの推進が求められていることを新たに追加した。健康保持増進措置の検討に当たり、定期健康診断の結果などを医療保険者に提供する必要があること、またそのデータを医療……[続きを読む]

2021.02.25 【安全スタッフ】
【特集2】安全ポータルで情報管理 データベースに事例を蓄積 類似災害の防止図る/戸田建設㈱ NEW

 戸田建設では、2018年6月から「災害・事故情報共有システム」(以下、安全ポータル)を運用している。これまで電話やメールで報告していた建設作業所の災害報告などを、ウェブ画面から入力し、事前登録した関係者へ瞬時にメールで情報伝達する。災害情報のデータベース化は、災害分析を可能にし、類似災害防止対策、年度計画の立案などに役立っている。報告書……[続きを読む]

2021.02.25 【安全スタッフ】
【特集1】いつでもどこでも新ストレッチ促す 座った状態でもOK 労災防止効果に期待/島津製作所 NEW

 ㈱島津製作所(京都府京都市)は、従業員がいつでもどこでも気軽に運動でき、健康に役立つオリジナルストレッチ「KEEP Fit!」の普及に努めている。食事や睡眠と同じように、日常生活の習慣として浸透し、無理なく楽しく続けられることが目的だ。スポーツクラブの専門家の協力の下、上半身、下半身、目の3つのパターンで構成。5分ほどで終えられるシンプ……[続きを読む]

2021.02.25 【安全スタッフ】
【スポット】「見える化運動事例集」を作成 事業場から取組み募る カメラ設置で遠隔地の確認も 高知労基署 NEW

 高知労働基準監督署(島本和明署長)は、「Safe Work KOCHI 見える化運動 事例集」を作成した。令和元年度から実施している「Safe Work KOCHI 見える化運動」の一環として事業場で実施されている「見える」安全衛生活動を募集したもの。今回の事例集は、速報という形で建設業の好事例を掲載。分かりやすくするため、表示を目立つ……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ