string(26) "/news/news_category/staff/"
string(13) "news_category"

安全スタッフ

2017.09.22【安全スタッフ】
【スポット】「予防」考える人を育てる 学生向けに安全担当者が講義 人類働態学会&労働科学研究所 NEW

 人間工学や心理学などの分野の研究者が参加する人類働態学会と大原記念労働科学研究所が8月21~23日、新日鐵住金鹿島人材育成センターで夏季研究会を開催した。これから社会に出る学生を対象に、企業や産業現場で働くうえで必要な安全管理の概念と「予防」の考え方を知ってもらうのが狙い。㈱JPハイテックの川野政彦安全品質環境管理部長が、自身の経験を交……[続きを読む]

スポット1p
2017.09.20【安全スタッフ】
【特集2】組織風土改革へアドバイス 川西由美子の「こころをつなぐ職場づくり」 弊社HPで好評配信中! NEW

 うつ病の増加や過労自殺が社会問題となり、国を挙げてメンタルヘルス対策を進めているなか、心のケアの重要性が企業の内部にも浸透してきた。意識の高い企業では、コミュニケーションの向上を目指すなど組織風土の改革に力を入れる動きも見られる。編集部では、ランスタッド㈱EAP総研の川西由美子所長に「こころをつなぐ職場づくり(略して〝ここつな〟)」と題……[続きを読む]

特集ⅡP24
2017.09.19【安全スタッフ】
快適な建設現場へ仙台労研と懇談会 東北の筆頭労基署 NEW

 東北6県の筆頭労働基準監督署長(仙台、青森、盛岡、秋田、山形、いわき)は8月4日、フォレスト仙台で仙台建設労務管理研究会(設楽貞行会長)、同会顧問会(板倉薫会長)と労働災害防止について懇談会を開催した(写真)。 仙台労基署の岩渕範好署長は「建設業の環境改善・働き方改革を進めていければ」とあいさつ。懇談会では、安衛法29条(元方事業者の講……[続きを読む]

仙台労研カラー
2017.09.18【安全スタッフ】
ストレス検査8割超が実施 厚労省初公表 NEW

 厚生労働省は、ストレスチェック制度の実施状況を施行後初めて公表した。平成29年6月末時点で、8割超の事業場がストレスチェック制度を実施済みであることが分かった。実施事業場の8割近くで集団分析が行われていたという。今後、助成金などの各種支援事業の充実を図るとしている。……[続きを読む]

19e04fc_s
2017.09.15【安全スタッフ】
【特集1】現場を巡回 「安全体感車」 トラックの荷台が教室に早変わり リアルなVR災害体感も/明電舎

 発電設備の製造販売から設置、メンテナンスなどを行う明電舎(本社:東京・品川区)では、26種類の体感教育機器を搭載した安全体感車の運用を始めた。トラックの荷台がそのまま体感教育の教室に早変わりし、全国の工事現場を巡回して体感教育を実施している。ピリッとした電流を味わう体感を始め、挟まれ災害やVRによる墜落体験など、豊富なメニューが受講者の……[続きを読む]

特集1-10

年月アーカイブ

ページトップ