安全スタッフ

2019.10.13 【安全スタッフ】
過労の防止措置 7割に改善指導 厚労省監督結果 NEW

 厚生労働省は、長時間労働が疑われる事業場に対する監督指導結果を公表した。監督対象となった2万9097事業場のうち1万1766事業場(40.4%)で違法な時間外労働が認められたため、是正・改善に向けた指導を行っている。過重労働による健康障害防止措置が不十分だったケースは2万526事業場(70.5%)に及ぶ。約半数に時間外・休日労働を月80……[続きを読む]

2019.10.12 【安全スタッフ】
48現場へ停止命令 建設現場一斉監督 東京労働局 NEW

 東京労働局(土田浩史局長)は、建設現場一斉監督指導結果を取りまとめた。都内18の労働基準監督署が381現場を立入調査したところ、64.3%に当たる245現場で法令違反が発覚した。重篤な災害につながる墜落・転落災害の防止に関する違反で是正指導した現場のうち、48現場に対して労働安全衛生法に基づく作業停止・立入禁止などの行政処分を実施してい……[続きを読む]

2019.10.11 【安全スタッフ】
運転者対策でサイト開設 12月に自己診断ツールも 厚労省

 厚生労働省はこのほど、「トラック運転者の長時間労働改善に向けたポータルサイト」を開設した。荷主企業やトラック運送事業者などを対象に、トラック運転者の長時間労働の現状や、それらの改善に向けた取組みなどについてアピールするもの。具体的な対応策をQ&A方式で提供するほか、今年12月には、労働時間削減で企業が取り組むべき課題を抽出できるウェブ診……[続きを読む]

2019.10.10 【安全スタッフ】
【特集2】ビルメンで死亡災害相次ぐ ロープ作業の墜落防止を要請 清掃中に高年齢被災も目立つ 東京労働局

 東京労働局(土田浩史局長)は、今年に入りビルメンテナンス業の死亡災害が続発していることから業界と連携した対応を強めている。6件の死亡例すべてが墜落・転落によるもので、危険性の高いロープ高所作業に加え、建築物内での清掃作業でも災害が発生している。今年7月に都内の業界団体へ要請を出すとともに、ビルメン業者を対象とした講習会を開催。安全教育の……[続きを読む]

2019.10.10 【安全スタッフ】
【トピックス】安全伝承できる人材を育成 3カ年計画で社内研修実施 未経験者に施工管理の基礎伝える/三洋テック㈱

 三洋テック㈱(埼玉・春日部市)では今年から、「社内研修3カ年計画」に基づき、施工管理の4大管理(安全管理・品質管理・工程管理・原価管理)とマナー・コミュニケーションの教育に力を入れている。安全研修では災害事例をもとに原因を考えさせ、再発予防のポイントを学んだ。建物の小修繕を手掛ける同社では、一人作業も少なくない。社員全員の安全知識を向上……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ