【トピックス】全国安全週間 労働局トップがパトロール 熱中症対策を呼びかけ

2021.08.17 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 今年も全国安全週間準備期間、全国安全週間の本週間では労働局長などによる安全パトロールが実施された。墜落・転落防止対策や転倒防止などに配慮するよう呼びかけるとともに、感染症予防対策、熱中症対策の徹底も求めている。新型コロナウイルスの感染拡大が憂慮されるなかではあるものの、十分な対策を講じて現場に安全対策を要請した。

足場解体の危険度を可視化 優れた安全管理を視察/東京労働局

 建設業の死亡災害増加を受け、6月から都内の大規模工事現場の緊急パトロールを行っている東京労働局(土田浩史局長)。7月7日には、土田局長が(仮称)高田プロジェクト計画新築工事(施工:長谷工コーポレーション)を訪れ、現場の墜落・転落災害対策や熱中症対策、職長会を中心とした安全衛生活動の様子などを視察した。

 現場では、足場を組立解体時の危険度に応じてランク付けして…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2021年8月15日第2384号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ