【トピックス】令和2年度 主要労働局の重点施策 高齢者対策に力注ぐ 転倒災害防止を強化 災害防止に補助金活用を―東京労働局 減少傾向鈍い業種に焦点―大阪労働局

2020.05.12 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 第13次労働災害防止計画の3年目に当たる本年は、3月に高年齢労働者の安全と健康確保のためのガイドラインが策定されたこともあり、高齢者対策に力を入れる労働局が目立っている。さらに、高齢者はちょっとしたつまずきでも重篤な災害につながりやすいことから転倒防止にも力を入れる。東京労働局では、中小規模事業場を対象に段差の改修などにかかった費用を負担する補助金事業の活用を周知していく。大阪労働局は、災害件数の減少がみられない業種を焦点に指導。陸上貨物運送事業での転倒対策などの強化を図る。コロナ禍に見舞われているわが国だが、施策の実行には影響がありそうだ。…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2020年5月15日第2354号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ