【追跡レポ】中央電機計器製作所/外国人活用策 会長夫妻が「日本の父母」

2016.06.01 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

採用手順差を付けず 両親来日時は会社へ招く

今では製造現場でも女性が大活躍

 ㈱中央電機計器製作所(大阪府大阪市都島区、畑野淳一代表取締役、52人)は、外国人や女性といった多様な人材を採用・育成して企業の成長につなげるダイバーシティ経営を進めている。外国人社員は、日本人と全く同じ選考手順で採用している。「外国人だからと変に気遣わない」ことをモットーとしている一方、文化や風習で戸惑うことのないよう、会長夫妻が「親代わり」となって手厚くフォローする。両親が来日した際は会社へ招き、共に食事を摂りながら歓談することで、信頼関係を深めて離職防止の一手としている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年5月30日第3066号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ