【追跡レポ】ノバレーゼ/中途人材確保策 社員の人脈をフル活用

2016.06.08 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

多様な経歴の中途入社社員が全国各地の結婚式場で活躍している

 全国で結婚式場を運営する㈱ノバレーゼ(東京都中央区、荻野洋基代表取締役社長、連結社員数1,800人)では、全社員が一丸となって人材確保に臨んでいる。3~4年目の社員が中心となり、人脈を最大限に生かして転職希望者を自社に紹介する「うちこいよ制度」を今年3月にスタート。従来から活用する「戻ってこいよ制度」との2本柱で、不足するウエディングプランナーなどを確保していく。選考期間の半減、広告費削減、人事担当者の負担減の3つが大きなメリットとなっている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年6月6日第3067号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ