奨学金返済へ 支援制度導入 ノバレーゼ

2012.09.03 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 ノバレーゼウエディングプロデュース・レストラン運営の㈱ノバレーゼ(東京都中央区、浅田剛治社長)は、奨学金を返済中の正社員に対し、返済資金として最大200万円を支給する「奨学金返済支援制度」を創設した。従業員の就労意欲および定着率の向上と、奨学金を活用して進学した優秀な学生の確保が狙い。

 対象者は、日本学生支援機構や出身大学・専門学校、行政による奨学金の返済残高がある勤続5年と10年の正社員。今年7月1日を勤続年数の算定開始基準日とし、5年後と10年後に未返済額相当(それぞれ上限100万円)を支給する。初回の支給は2017年。

関連キーワード:
平成24年9月3日第2887号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ