【追跡レポ】天昇電気工業/天昇共育学園 社内大学で階層別研修強化

2012.08.13 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

論理的に技術習得へ 小集団活動と両輪で推進

3年目振り返り研修も「共育学園」のメニュー

 プラスチックの成型・加工を手がける天昇電気工業㈱(東京都町田市、安藤武彦社長、従業員834人)では、階層別教育の見直し・拡充を図り、社内大学「天昇共育学園」を立ち上げた。「成形技術」、「IE(経営工学)」、「実践英語」などのメニューを展開している。資格取得に対しポイントを付与する仕組みも導入し、学習意欲の向上につなげている。一方で、全社員の改善意識を高めるため、技術系現場の品質管理一辺倒だったQC活動も見直し、新たに全部門・全員参加の小集団活動に衣替えしている。同社の取組みを追った。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年8月13日第2884号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ