【追跡レポ】OKIワークウェル/障害者特例子会社の取組み 通勤困難者に在宅勤務

2013.03.25 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

ネット環境を整備し スキルアップ面談も実施

全国各地の自宅で作業できる体制が構築されている

 沖電気工業㈱の特例子会社である㈱沖ワークウェル(東京都港区、津田貴社長)では、通勤の困難な重度障害者の在宅勤務チーム「OKIネットワーカーズ」が活躍している。全国各地で、自宅に居ながら会社貸与のパソコンを駆使してHP作成やwebシステム開発業務などをこなす。コーディネーターのサポートのもと、独自の多地点音声コミュニケーションシステムにより、オフィスと同様の打合せが可能。就労スケジュールを自分で入れる際、「所定時間マイナス1時間」を徹底させるなど健康に配慮する。ネットを介した年2回のスキルアップ面談実施も。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年3月25日第2914号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ