【追跡レポ】アイエスエフネットハーモニー/特例子会社 異なる障害を相互補完

2012.04.23 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

グループワーク軌道に ボードで目標管理を推進

達成度をみてホワイトボードに評価を記入する

 ITベンチャー企業㈱アイエスエフネット(東京都港区、従業員1612人)の渡邉幸義社長が代表を兼務する特例子会社㈱アイエスエフネットハーモニー(東京都中野区、従業員36人〈うち、障害者26人=身体3人、知的11人、精神12人)の取組みが注目されている。障害の種類の異なる社員が、互いの特性を生かし、助け合いながら業務を進めるグループワーク方式を導入し雇用の安定・収益面ともに成果を上げている。職場のホワイトボードに目標と評価を明示し、1日3回の報告会で進捗を確認するなどきめ細かい指導も奏功。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年4月23日第2870号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ