【追跡レポ】小田急百貨店/社内風土改革活動 スペシャリストコンテストを開催

2012.06.04 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

一体感醸成し技術向上 予選から応援団も表彰

優勝した新宿店紳士服部チームを小川社長が表彰

 ㈱小田急百貨店(東京都新宿区、小川三木夫社長、社員数1435人〈男性649人、女性786人〉)では今年2月、「小田急スペシャリストコンテスト」を昨年に引き続き開催した。組織や部門を越え社内公募で集まったメンバーによる「挑戦プロジェクト」の社内風土改革活動の一環。各店での予選会を経て選ばれた代表チームが、「ラッピング(包装)」の速さと美しさを競い、それぞれの応援団が会場を盛り上げた。選手が事前練習を経てスキルアップするとともに、予選会から応援団も表彰するなどの演出も奏功し一体感醸成につながっている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年6月4日第2875号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ