【追跡レポ】水上印刷/人材育成策 全社で年200回研修実施

2013.06.17 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

顧客サービス意識徹底 標準化と多能化も推進

社員が見学者に分かりやすくプレゼンテーション

 製造業の枠を超えたワンストップサービスを展開する水上印刷㈱(東京都新宿区、水上光啓社長)では、サービスの源泉となる人材の育成に力を入れている。全社で年間200回、一人当たり120時間の研修を実施する。工場部門では、設備の標準化を徹底し、1週間ごとの「ジョブローテーション制度」により多能化を進めた。4Sを徹底した工場の見学を年間200社以上受け入れ、社員一人ひとりがプレゼンターとなって現場で対応することで同社のファンを増やしている。経済産業省「おもてなし経営企業50選」に選ばれた同社の取組みを紹介する。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年6月17日第2925号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ