【追跡レポ】インターメスティック/人材育成策 行動指針基に教育改革

2015.03.09 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

”おもてなし力向上へ” ロープレ大会に積極参加

昨年のロープレ大会決勝で熱演中の森山さん(左)

 眼鏡の量販店Zoff(ゾフ)を全国展開する㈱インターメスティック(東京都港区、上野照博社長、従業員数・約1200人)では、ホスピタリティ(おもてなし)の実践に向け、基準となる新たな行動指針を構築。これに沿った研修・試験・評価を行うことで全スタッフの接客力の向上・底上げにつなげている。成果発表の場である全国ロールプレイングコンテストは4回目を数え、参加希望者が増加しており、社外の大会でも優勝者を輩出している。昨年、社内資格制度「Zoffマイスター制度」を創設し、めざすべきスキルレベルも明確化された。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成27年3月9日第3008号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ