【追跡レポ】リングロー/ルーツ休暇制度 自己形成にかかわった人訪ねる

2016.06.22 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

久々の北海道への帰省で同級生と旧交を温めた

 IT機器のリユース・リサイクル業を行うリングロー㈱(東京都豊島区、碇敏之代表取締役、100人)では今年度から、自己形成に強く関係した人を訪ねることを目的に、1年当たり最長10日間の特別休暇を与える「ルーツ休暇」を開始した。親戚、恩師など、人生の中で自らに深く影響を与えた人物と再会し刺激を得、長期的なスパンで仕事に好影響が出ることを期待している。グローバル展開をめざすうえで海外のように「休む文化、家族や親戚を大事にする文化を理解し、体現する必要がある」との思惑もある。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年6月20日第3069号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ