【追跡レポ】メディカル・ケア・サービス/早期施設長育成コース 4つのOJTを展開

2013.03.18 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

介護知識に経営視点も チューターがサポート

行事計画をスタートから担い議論を重ねて完成へ

 認知症の高齢者向けグループホーム施設を運営するメディカル・ケア・サービス㈱(さいたま市大宮区、高橋誠一社長、従業員・連結3800人)では、2011年度から「早期ホーム(施設)長育成コース」を新設した。優れた育成者の元で、統一理念に沿って集中的に幅広い経験を積ませることにより、新卒入社後3年間で施設運営の責任者であるホーム長に育てる。「ホーム長」「現場リーダー」「事務担当」「本社新卒戦略部」の『4分野でのOJT』を順に展開。OJTを担当するホーム長などが、チューターとして成長をサポートする。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年3月18日第2913号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ