【フォーカス】メディカル・ハンプ/看護師の採用 チームワーク尊重姿勢みる

2017.03.01 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

離職者ゼロを継続中 大手人材会社活用が奏功

 ㈱メディカル・ハンプ(東京都世田谷区、内田玉實代表取締役社長、26人)は、365日24時間態勢の訪問診療・看護の実現に向け、看護師の確保に力を入れている。近年、従来の求人誌等による採用方法を見直し、大手人材紹介会社を通じた人材確保を軸にしている。現在までのところ、これが功を奏しており、離職者ゼロで推移中だ。面接では、チームワークを尊重するか否かを念入りに確認。全社員年次有給休暇取得率100%も継続中で、定着しやすい環境の要因となっている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年2月27日第3102号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ