【フォーカス】三菱ふそうトラック・バス/高卒採用対策 現場リーダー候補として育成

2017.11.15 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

意思疎通能力を重視 定着率高めて事故防止に

 三菱ふそうトラック・バス㈱(神奈川県川崎市、マーク・リストセーヤ代表取締役社長、1万人)は、「工場内作業員のリーダー候補」として現場で働く新規高卒者を採ることに力を入れる。高校の就職指導の教職員が集まる情報交換会で会社の現状や求人を説明したり、就職希望の生徒を対象にした「職場見学会」を定期的に開く。工場での作業はチームワークを重視していることから、意思疎通が上手いコミュニケーション力の高い人を採用する。定着率を高め、事故を防ぐためでもある。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年11月13日第3136号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ