【フォーカス】ケーエムケーワールド/新入社員の定着対策

2017.03.08 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

資格取得に"報奨金" 直近3年離職者ゼロ続く

 IT業の㈱ケーエムケーワールド(東京都中央区、車陸昭代表取締役社長、70人)は、新入社員の入社直後の半年間を「学習期間」に定め、専門学校での教育や上司による徹底したOJTを実施している。年1回派遣先企業へ社員のスキルなどを評価してもらうアンケートを実施したり、資格取得者へ報奨金を支給することで定着率向上につなげた。この3年間に入社した15人は全員、離職していない。管理職の指導力も重視しており、外部の研修に派遣する取組みも続ける。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年3月6日第3103号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ