【フォーカス】モノグサ㈱/コミュニケーション対策 就業中でもボードゲームOK 部署越えた交流生む

2022.02.17 【労働新聞 フォーカス・企業事例】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

独自サービスの源泉に

 ITベンチャーのモノグサ㈱(東京都千代田区、代表取締役=竹内孝太朗CEO、畔柳圭佑CTO、50人)では、部署や上下関係を越えた円滑なコミュニケーションの実現に向けて、就業時間中にボードゲームを実施している。参加者が同じルール下で対戦することで、業務上では分からない同僚の性格や嗜好の把握をめざす。業務中に遊ぶ余裕を持つことが、他社が取り組んでないサービスの提供を生み出す源泉になるとも考えている。各ゲームの所要時間は1時間程度で、飲み会などに比べて時間を要しないため、社員から好評を博す。人材採用のシーンでも求職者と卓を囲み、独特の社風や理念の共有に結び付けている。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和4年2月21日第3341号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。