【フォーカス】シノプス/リモートワーク 週3日以上なら手当4000円 定期代やめ実費精算へ

2021.09.16 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

HRテックでコミュ推進

 ソフトウェアメーカーの㈱シノプス(大阪府大阪市、南谷洋志代表取締役社長、82人)は、全社的なリモートワークを実施しており、今年からは専用の手当を導入した。週3日以上自宅で働く場合、水道光熱費などとして月額4000円を支払う。一方で、定期代の支給は取りやめ、交通費に関しては実費精算に切り替えている。社員間の業務上のコミュニケーションは、コロナ禍以前から取り組んでいた各種HRテックでスムーズに進んだ。雑談や相談ができるバーチャルオフィスや、感謝の気持ちをポイントとして送る仕組みなどによって、同じ場所にいなくても滞りなく業務が回っている。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和3年9月20日第3321号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。