【フォーカス】サクラファインテックジャパン/出張禁止や時差出勤を拡大 感染症BCP役立つ

2020.06.18 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

当面は在宅勤務が軸に

 医療用機器の製造・販売を手掛けるサクラファインテックジャパン㈱(東京都中央区、石塚悟代表取締役社長兼CEO、170人)は、新型コロナウイルス感染症への対策として出張禁止、時差出勤における始業時間の選択肢拡充、在宅勤務の導入――など、状況に応じた迅速な対応を打ち出した。感染予防と安定的な業務継続を両立している。これらはすべて、2016年に策定した「感染症に係る業務継続計画」(感染症BCP)に基づくもの。当面は在宅勤務を軸とした勤務形態を継続し、「新しい事業様式」の確立をめざす。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和2年6月22日第3262号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ