【フォーカス】スタッフサービス・ビジネスサポート/障害者定着策 “働く意志”強く確認

2017.05.17 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

保健師交え採用面接 社内に専門部署も設置

 ㈱スタッフサービス・ビジネスサポート(神奈川県相模原市、亀井宏之代表取締役社長、560人)は、採用面接には精神保健福祉士や保健師が参加して働く意志を強く確認したり、社内に専門の「推進部」を発足させることで、障害者の定着率向上に向けた対策としている。少なからず発生してしまう長期欠勤・休業からの復職支援にも力を入れており、PSWが医師の書いた診断書を確認する試みも。職場復帰の前段階として、通勤訓練も制度化している。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年5月15日第3112号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ