【フォーカス】リゾートトラスト/専任SS配置 障害者採用で職業訓練活用

2018.11.07 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

作業通じ適性見極め 支援機関とも連携強める

訓練中はこまめに状況確認を行う

 リゾートトラスト㈱(愛知県名古屋市、伏見有貴代表取締役社長、7331人)は障害者を雇用する際、就職に結び付く可能性のある職業訓練の一種である「障害者委託訓練」を効果的に活用している。オフィス作業などを通じて適性などを確認し、採用に結び付けている。社内では専任のサポートスタッフ(SS)を配置し、支援態勢を構築。就労・生活の両面を支える障害者就労支援機関などとの関係を強め、働きやすい環境も整えた。過去13年間で104人を採用し、離職者は18人と少数だ。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年11月5日第3183号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ