【フォーカス】もうやんカレー/外国人雇用 指導に”LINE”を使用

2017.01.18 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

社長自ら職場づくり 高評価者は正社員転換も

 東京都内を中心に飲食店をチェーン展開するもうやんカレー㈱(東京都新宿区、辻智太郎代表取締役社長、社員15人、アルバイト30人)は、潜在能力や日本語能力の高い外国人を採用し、丁寧な指導で育成することで安定成長を続ける。社長自ら、従業員が納得する職場づくりに力を注いでいることが人材育成の大きな特徴といえる。

 指導の際、「LINE」を使うといった工夫も凝らす。店長らの評価が高い従業員に対しては、正社員転換の道も用意し、人材確保にも努める。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年1月16日第3096号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ