【フォーカス】ビズメイツ/講師定着対策 労務トラブル防止に注意払う

2017.02.15 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

フィリピン人採用で 人事制度も細かく説明

< オンライン英会話教室を運営しているビズメイツ㈱(東京都千代田区、鈴木伸明代表取締役社長、社員数20人、講師約700人)は、「質の高い講義」にこだわりを持ち、フィリピンでの優秀な講師の採用や育成に力を注ぐ。労働契約締結時には、人事制度の背景まで細かく説明して、労務トラブル防止を心掛けている。講師との信頼関係を損ねないよう、月2回の賃金支払いに遅延が発生しないことを徹底。生徒の声をシェアすることで、モチベーション向上にも努めている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年2月13日第3100号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ