【フォーカス】ブックオフコーポレーション/パート活躍対策 業務遂行能力7段階で格付け

2018.06.27 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

評価に応じ昇給実施 1日2時間勤務も認める

店舗内で様ざまな業務を行っている

 ブックオフコーポレーション㈱(神奈川県相模原市、堀内康隆代表取締役社長、1279人)は、パートアルバイトスタッフが働きやすい環境づくりを進めている。業務遂行能力は7段階で格付けし、随時評価して時給へ反映。モチベーションやキャリアの向上を促す。勤務シフトを柔軟にして、一部の店舗では1日2~3時間の勤務も認める。一昨年には、定着率を高め、人手不足を補うことを目的に、店長にはなれないが全国転勤のないストア社員制度を設けた。柔軟に働ける試みを続けている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年6月25日第3166号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ