【フォーカス】ケンゾー/一人親家庭支援 1日2時間から勤務可能

2017.08.02 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

急な欠勤にも備える 店舗間で日々連絡取って

 総合食料品スーパーなどを展開する㈱ケンゾー(埼玉県羽生市、木村健造代表取締役社長、251人〈うちパート社員149人〉)は、パート社員の就労条件を週3日・1日2~3時間から認めることで、一人親家庭などの就労支援に力を入れる。運営する7店舗間で日々連携を取ることで、家族の事情で急に欠勤した際も迅速に対応できるよう工夫する。チームワーク醸成に向け、社員旅行なども頻繁に実施。一人親であるパート社員の平均継続年数は5年1カ月と長い。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成29年8月7日第3123号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ