【フォーカス】飲食チェーン「あさくま」/パート活躍6施策 自ら職場選ぶ「FA制」導入

2017.07.12 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

配偶者転勤時に役立つ 正社員限定を時給三千円で検討中

女性パートが多く活躍している

 名古屋や首都圏などを拠点にステーキレストランチェーン店を運営する㈱あさくま(愛知県名古屋市、横田優代表取締役社長、1391人)は、6つの取組みで女性のパート社員が働きやすい環境づくりに励む。自ら勤務店舗を選べる「フリーエージェント制」は、配偶者の転勤時にも有用。パート社員の意見を店や会社の経営に取り入れ、労働意欲向上につなげる「パート役員」制度も導入している。森下篤史会長は、優秀パートを時給3000円で限定正社員化する意向も示す。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年7月10日第3120号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ