【フォーカス】千㈱/特休やリモート制度設ける 育児との両立支援対策

2021.02.11 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

行事参加や熱発時に利用

 写真ビジネスのベンチャー企業である千㈱(東京都千代田区、千葉伸明代表取締役社長、グループ連結223人)では、育児と仕事の両立に資する独自の取組みを推進する。子どもが小学校入学時まで利用可能な特別休暇やリモートワークなどの制度を設け、行事参加や急な発熱時の対応をしやすくし、顧客のニーズ把握につなげている。実際に育児に積極的に参加した男性社員が、自社のサービス改善につながる提案をするケースもあった。制度は評判を呼び、高いスキルを有する人材が中途採用へ応募する例も増えた。現事業部長など合計9人の女性の採用に成功している。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和3年2月15日第3293号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ