【フォーカス】アルプススチール/始・終業をスライド可 不登校の相談で制度化

2021.04.08 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

「育児と仕事」両立推進へ

制度趣旨を理解して利用促進へ

 アルプススチール㈱(愛知県名古屋市、長谷川茂代表取締役社長、181人)では、「始業・終業時刻の繰上げ・繰下げ」などを制度化して、育児と仕事の両立を図りやすい環境づくりを進めている。同制度は、「不登校気味の子の登校を見届けたい」と相談してきた社員の声を受けて制定したもの。最近では、男性の育児休業にも熱心で、チラシを配布して社員に取得を促している。一方では、各社員が休んでも仕事に穴が開かないよう、多能工化にも取り組む。他部門の業務を習得するケースもあり、カバーし合える体制が整いつつある。くるみんやえるぼしなど、各種認定も受けている。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和3年4月19日第3301号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ