【フォーカス】京葉銀行/男性の育児参加対策 管理職考課・部下の育休取得で加点

2019.01.24 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

対象7~8割が休む 風土醸成へイクボス宣言

 ㈱京葉銀行(千葉県千葉市、熊谷俊行代表取締役頭取、2144人)は、男性の育児参画推進に力を入れている。男性行員がより取得しやすいよう、部下が育児休業を取ると管理職の人事考課に加点が付くよう工夫したほか、時短勤務のトライアルを実施した。夫婦参加型セミナー「ファミリーカフェ」の開催や、管理職による「イクボス宣言」の実施など、職場全体で仕事と家庭の両立への意識を高め、働きやすい風土作りにも取り組む。成果は着実で、今では毎年、対象者の7~8割が育休を取得している。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成31年1月28日第3194号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ