【フォーカス】太平洋シルバーサービス/相互転換制度 3雇用区分間で行き来可能

2017.07.05 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

生活スタイルに応じ ES高めサービス向上へ

 都内で介護付有料老人ホームを運営する㈱太平洋シルバーサービス(東京都武蔵野市、奥谷直澄代表取締役社長、407人)は、社員のライフスタイルの変化に応じて正社員・パート・契約社員の雇用区分間で転換を認める「相互転換制度」を導入し、働きやすい環境づくりを20年以上前から行っている。従業員満足度(ES)を高め、サービス向上をめざす狙いを含む。近年、70歳までの再雇用制度を導入したほか、今年に入り短時間正社員制度も開始している。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年7月3日第3119号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ