【フォーカス】イオンファンタジー/パートの活躍推進 社内独自の資格制度を運用

2017.12.13 【労働新聞】

 能力向上対策で導入 各業務評価はシンプルに

数多くの女性が店頭で働く

 家族向けアミューズメント施設とインドアプレイグラウンドを運営する㈱イオンファンタジー(千葉県千葉市、片岡尚代表取締役社長、連結=7184人)は、「フレックス社員」と呼ばれるパートタイム労働者の定着・育成に力を入れる。各業務の評価はシンプルに「他人に指導できるレベルにあるか」とし、本人と上司が相互評価する仕組みを採る。人事評価と連動する社内独自の認定資格制度も設け、技能向上やリーダーの育成をめざす。約7割の店舗でパートに店長を任せている。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成29年12月11日第3140号15面

あわせて読みたい

ページトップ