【追跡レポ】フィリップスエレクトロニクスジャパン/カフェテリアプラン型福利厚生制度 社員ニーズ基に見直し図る

2012.11.05 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

優遇ポイントで奨励 生活・健康・学習など多彩

次回の自社製品購入ポイントを何に使おうか物色中

 ㈱フィリップスエレクトロニクスジャパン(東京都港区、ダニー・リスバーグ社長、従業員数・約1000人)では、カフェテリアプラン型福利厚生制度「PhiliFlex」を展開している。社員は1人当たり年間90ポイント(原則1P=1000円)を付与され、21項目の中から自分に合ったメニューを選択できる。会社が重視する人間ドックやオプション診断・家族健康診断、英語学習などは換算金額を高くすることで活用を促進。社員ニーズを基に定期的に見直しを行い、生活相談、健康増進につながるスポーツ用品などのメニューも充実させた。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成24年11月5日第2895号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ