【追跡レポ】テクノプロ・ホールディングス/技術者派遣会社のメンタルヘルス対策 5年計画で意識向上・統一

2014.05.26 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

窓口設置し規程整備へ 新人・管理者ともに教育

新入社員研修のなかでセルフケアの基本を学ぶ

 技術者派遣大手のテクノプロ・ホールディングス㈱(東京都港区、西尾保示社長、グループ連結従業員数1万1815人)では、2012年から「心の健康づくり5カ年計画」に取り組み成果を挙げている。各事業会社と連携を図りながら、地道に「4つのケア」を推進し、単年度ごとの見直しも行っている。「グループメンタルヘルス相談窓口」を設置しフォロー態勢を確立。「休職規程」を改訂し、職場復帰を前提に休・復職手続きを明文化。新入社員へのセルフケア、管理監督者へのラインケアやeラーニングなど「メンタルヘルス研修」も拡充している。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年5月26日第2970号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ