【追跡レポ】三越伊勢丹/新入社員メンタルヘルス教育 ストレスを自己成長の糧に

2015.03.16 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

対処法学ぶ研修実施 事例基にグループワーク

入社半年の新人がストレスとの付合い方を学ぶ

 ㈱三越伊勢丹(東京都新宿区、大西洋社長、従業員・約1万2000人)では2014年度から、メンタルヘルス教育の一環として、入社半年後の新入社員全員を対象に「セルフマネジメントセミナー」を実施している。ストレスに対する正しい知識を修得し、アニメなどの事例を通じてグループワークで自分ならどうするかなどを話し合った後、ストレス耐性診断結果を基に、自分の傾向を知り、それぞれに適した対処方法を学ぶ。ストレスと正しく向き合い、乗り越え成長していくためのキッカケとする。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年3月16日第3009号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ