【追跡レポ】イーウェル/健康経営施策 全社プロジェクトを推進

2015.06.22 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

運動等にポイント付与 ナナメンターが悩み解決

松江では自然の中のウォーキングに大勢が参加

 福利厚生サービスの㈱イーウェル(東京都千代田区、藤田玲社長、従業員数880人)では、社員の健康増進に戦略的に取り組む「健康経営」を展開中だ。全社的プロジェクトとして運動によるBMI値改善やイベント参加などに対しポイントを付与するインセンティブ制度を導入し行動変容を促すほか、リフレッシュルームなど働きやすいオフィス環境も整備、管理職のメンタルの安定にもつながる「ナナメンター制度」の導入など幅広い施策を行っている。日本政策投資銀行が実施する「健康経営格付」でAランクを取得した同社の取組みを紹介する。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年6月22日第3022号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ