【追跡レポ】ダイフク/こころと体の健康づくり 毎月運動講座でリフレッシュ

2013.04.08 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

メンタル休職者減少へ ウォーキングで出会いも

毎月運動部会ではヨガが一番の人気に

 総合物流システムの製造・販売大手の㈱ダイフク(東京本社・港区、北條正樹社長、従業員数・グループ計約5617人)では、「こころと体の健康づくり」に力を入れている。運動への参加を通じて仲間をみつけ、メンタル面も活性化させていくことをめざす。東京本社の会議室で毎月開催する「運動セミナー」では、社員の要望を基にヨガや格闘技エクササイズなどのメニューを揃えた。年1回、初対面同士がチームを組みゴールをめざす野外「ウォーキング」も実施。社員間のコミュニケーションが良好となることで、メンタル疾患による休職者は大幅に減少した。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成25年4月8日第2916号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ