【追跡レポ】大森機械工業/中堅企業の健康経営 「大森健康塾」がスタート

2015.08.17 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

意識・行動の変革促す チェックと憩いの場提供

気軽に自己チェックもできるくつろぎスペースを開設

 「社員の健康=会社の健全な経営力」として”健康経営”を進める大森機械工業㈱(埼玉県越谷市、大森利夫社長、従業員数560人)では今年6月から、社員の健康意識の向上と行動変革を促すため、「大森健康塾」をスタートさせた。健康に関するセミナーの開催、個々に目標を決めて達成をめざす「健康2カ月チャレンジ」などのイベントを企画開催する予定である。3月には、本社内に体組成計や血圧計を備えた「コミュニティールーム」を開設しており、気軽に自己チェックもできる憩いの場として活用されている。同社の取組みを追った。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成27年8月17日第3029号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ