【スポット】造船現場の安全管理を強化 「統括管理士制度」がスタート/ジャパンマリンユナイテッド㈱

2014.11.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

グループ討議もあり実践的な内容

 ジャパンマリンユナイテッド㈱では、これまで進めてきた造船現場の混在作業による災害防止をさらに強化する目的で専任の統括管理士制度を導入した。これは近年の人手不足により造船現場に経験の浅い労働者や外国人実習生などが増加している実態と造船現場で働く全ての人の安全と健康を守る義務を負う統括安全衛生責任者(製造部長)のパートナー役として関係請負会社(安全衛生責任者)との連絡・調整を専任業務として実施する専任者を設けた制度である。また、統括管理士はそれぞれに受持ち区画や対象となる請負会社を明確にしたことが特徴である。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年11月1日第2221号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ