【追跡レポ】サンスター/心身健康道場 2泊3日の体験型研修を実施

2013.12.02 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

健診結果に基づき招集 生活習慣改善の機会提供

車座で健康への心構えを講義する永田さん(中央奥)

 サンスター㈱(大阪府高槻市、吉岡貴司社長、従業員数915人)では、定期健康診断結果に基づき、特定保健指導対象者やその予備軍と判断された社員を全国から同社の福利厚生施設「心身健康道場」に招集して2泊3日の合宿研修を実施している。自分の生活習慣の問題点に気付き、健康維持・増進のために必要なことを座学と体験を通して学ぶ機会を提供する。「1日1200キロカロリーの玄米菜食の食生活」「身体の生理機能を高める運動、温冷浴」「精神面の充実を図る座禅や健康講座」などのメニュー展開によりメタボ社員の割合は確実に減少している。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成25年12月2日第2947号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ