セブン&アイ・ホールディングス 傘下主要54社が定昇+ベア

2013.03.18 【労働新聞】

JCMに先駆け妥結 納入側は価格低下を危惧

 UAゼンセン(逢見直人会長)傘下のイトーヨーカドー、ヨークベニマル、ヨークマートの各労組が順に平均5229円、同4580円、同4580円の賃上げを獲得した。労組のないセブン―イレブンも含め、セブン&アイ・ホールディングス傘下の主要54社で新年度から定昇+ベアが実施される。金属労協(JCM)の集中回答日より1週間早い決着だが、他産業への波及の動きは鈍く、商品納入側のメーカー産別からは、「取引(納入)価格の引下げにつながりかねない」とする危惧の声が聞こえてくる。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成25年3月18日第2913号6面

あわせて読みたい

ページトップ