定昇・ベア込み対前年比40円増 UAゼンセン

2017.05.30 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 UAゼンセン(松浦昭彦会長)は、4月末時点の春闘状況を発表した。

 定昇やベアを込む正社員組合員の妥結総合計は単純平均で4727円(1.83%)となった。前年と比較できる911組合は40円(0.01%)前年を上回っている。

 短時間組合員(パートタイム組合員)は273組合が妥結し、妥結額総合計は単純平均で20.3円(2.17%)。前年と比較可能な241組合の単純平均は1.5円(0.15%)増で推移し、そのうち127組合が前年妥結額以上の水準で妥結している。

平成29年5月29日第3114号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ