全体でベア「2%基準」に パートは時給40円増 UAゼンセン・春闘方針案

2021.12.16 【労働新聞 ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

“間隔規制”重点目標へ

 製造・流通・サービスなどの産業で働く労働組合員179万人が加盟するUAゼンセン(松浦昭彦会長)は、全体として「賃金体系維持分+2%基準」の引上げを求めるなどとした2022年の春闘方針案を明らかにした。一定の幅を持たせた前年と異なり、2年ぶりに足並みを揃えるのが狙い。短時間労働者については「制度昇給分+2%以上」、総額として時間当たり40円を目安に要求する。労働時間短縮・改善の取組みでは、新たに勤務間インターバル11時間以上を重点目標に掲げた。加盟組合企業の6割弱が外国人を雇用している実態を踏まえ、就業環境の整備にも乗り出す。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和3年12月27日第3334号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。