前年獲得額超す賃上げへ 経営者目線で迫る UAゼンセン・19春闘方針

2019.02.07 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

採用競争力強化に必要 

 UAゼンセン(松浦昭彦会長)は1月30日、大阪で開いた第7回中央委員会でおよそ2%の賃上げ実現に向けた19春闘方針を決定した。松浦会長は「中小の賃上げを重視する」と述べ、前年以上の獲得にこだわる考えを強調した。人材流出の防止と採用競争力強化の観点から必要だと経営者目線で迫るよう促す方針。悪質クレーム対策、感染性疾病対策、勤務間インターバル規制の導入など、部門・部会ごとの必須メニューにも取り組む。

 「マクロ的には昨年以上の賃上げを後押しする材料に事欠かない」――松浦会長は冒頭、物価やGDPなど19春闘をとりまく経済環境についてこう述べた。「(賃上げ要求を)今やらずしていつやるのか」と訴えた昨年より強い姿勢で臨む必要性にも触れ、「前年以上の賃上げを獲得する」と妥結権者の立場で語った。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成31年2月11日第3196号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ